連載・コラム

湾岸危機から始まったリスク対策 駐在員3400人、出張者8万人を守る(株式会社日立製作所)

海外進出企業の危機管理

海外進出企業の危機管理

連結売上高約10兆円、連結従業員数約33万人という巨大企業グループを持つ日立製作所は、海外に駐在する日本人従業員が約3400人、海外への出張者が年間8万人にのぼる。安全対策をどのように行っているのか。同社リスクマネジメント部担当部長の椚田厚氏に聞いた。

> 続きを読む

海外106事業でBCP構築 タイ洪水、天津爆発事故で迅速な対応(豊田通商株式会社)

海外進出企業の危機管理

海外進出企業の危機管理

豊田通商では、2011年の東日本大震災、そして同年にタイを襲った大洪水と、立て続けにサプライチェーンが深刻な影響を受けたことなどから、海外拠点を含め、グループ全体でBCPを推進していくことを決定し、すでに国内59事業、海外106事業でBCPを構築し、発展的に運用を続けている。その成果は、2013 年に再びタイを襲った洪水や、昨年、天津で起きた危険物倉庫の爆発事故などで現れ、迅速な対応を実現した。同社総務部減災・BCM推進室長の山下昌宏氏に海外拠点におけるBCPの展開について聞いた。

> 続きを読む

大丸有地区のビルを守る(三菱地所株式会社)

水害対策

水害対策

4000事業所、23万人が働く世界でも屈指のビジネス街である大丸有地区(大手町、丸の内、有楽町)。100棟強のビルが建ち並び、そのうち約30棟が三菱地所の所有する物件だ。都内でも豪雨の被害は深刻化している。地区の防災をリードする三菱地所に、ビルの水害対策について話を聞いた。

> 続きを読む

500年に1度の豪雨に備える リアルタイムで水害危険カ所を監視(株式会社トヨックス)

水害対策

水害対策

中低圧の産業用ホースと継ぎ手で国内大手のトヨックス(本社:富山県黒部市)。自社工場では年間3万2千キロに及ぶホースを生産しているが、実は本社工場が3方を川に囲まれ、1985年の工場設立当初から水害に悩まされてきた過去を持っていた。東日本大震災を機に本格的にBCPの策定を開始し、現在では全社を挙げて徹底した水害対策BCPを策定している。「できることを、とことんやり続け、社員の命と生活を守る」同社の取り組みを取材した。

> 続きを読む

世界600拠点の社員を守るリスクマネジメント(オムロン株式会社)

海外進出企業の危機管理

海外進出企業の危機管理

世界600拠点(支店・営業所含む)で事業展開するオムロン(本社:京都市)は、全世界の社員の安全を守ることを基本方針として日々の安全対策に取り組んでいる。

> 続きを読む

1
2
3
4
5