その他

株式会社スバルコンピュータ

COMPANY DATA

本社所在地: 東京都大田区西蒲田5丁目27番10号 りそな蒲田ビル7階
設立: 1973年3月
資本金: 5,000万円
従業員数: 52名
代表者: 柏木浩明 多田康夫
URL: https://www.subarucom.co.jp/

事業概要

システム開発

BCP策定のきっかけ(理由)

昨今、様々な災害が増えてきており、災害への備えが急務であると判断したため

BCP対象事業と理由

対象事業:本社のサポート業務
理由:
・人命(従業員・顧客)の安全を守る
・自社の経営を維持する
・顧客からの信用を守る(顧客システムの被災を最小限に抑えるための人的支援)
・従業員の雇用を守る

想定する災害/被災状況

首都直下地震にて交通機関がマヒし、社員が出勤できない状況になった場合を想定

優先業務

安否確認、状況の確認、GW上に情報掲載、先方の担当部署へ問い合わせ

主要な経営資源

人員、設備、機器、情報資産

代替/復旧策

事業継続策

代行者が業務を把握しておく。

予防低減策/事前準備

予備機を用意しておく。機器類の耐震対策を行っておく

策定してみて、気付いたことや苦労したこと

BCPの文書を用意していない状態で災害が起こると、このフローを考えることに近いことからやらねばならず、混乱の原因になるので、時間的に余裕のある平時にきちんと考えておくことが重要だと感じた。

今後の課題

負傷者の応急処置ができる者を増やす。備蓄品の用意

感想

丸一日をかけてBCP文書を作りましたが、今後は当社内でPDCAを回しながら年々、その時々の災害に対応できるように改善していけるようにしていければと思います。