製造業

株式会社ケミクレア

COMPANY DATA

会社名: 株式会社ケミクレア
本社所在地: 東京都中央区日本橋室町4-1-6 クアトロ室町ビル9階
設立: 1955年4月
資本金: 1億円
従業員数: 130名
代表者: 代表取締役社長 山村 敦士
URL: http://www.chemicrea.com/

事業概要

工業用殺菌剤(バイオサイド)、医薬原薬・中間体、ファインケミカルの製造販売。

BCP策定のきっかけ(理由)

首都直下地震の発生確率(マグニチュード7クラスの地震が30年以内に70%)が年々上昇しており、今後の不測の事態に備えるため

BCP対象事業と理由

・社員(役員・従業員)の人命を守る
・重要業務を継続しサプライチェーンの維持に貢献する
・企業の信頼度の向上

想定する災害/被災状況

・社会インフラの中断(電力・通信・交通・その他)
・社長含め主要メンバーが出社不可
・情報機器の破損による通信不可、サーバーへのアクセス不可

優先業務

・営業(受注)業務
・製造出荷指示業務
・仕入先への支払業務
・顧客への請求業務
・入金確認(資金繰り)業務
・システム管理業務

主要な経営資源

・社員
・通信機器
・情報資産(システム、データ、紙)

事業継続策

・代行者による業務代行
・一部在宅による作業の実施
・クラウド上のバックアップデータを使用

予防低減策/事前準備

・有事の承認プロセス変更を検討
・業務の見える化
・顧客データ等の情報共有
・予備バッテリー等の非常電源導入

策定してみて、気付いたことや苦労したこと

入居するテナントビルに非常用の電源設備が無く、災害時に自前でのバックアップ電源の確保を要することが判明。

今後の課題

・緊急連絡網の作成による災害時の連絡手段の複線化
・災害時の対応及び役割分担の明確化
・救命救急講習の受講等で負傷者対応力を強化

感想

BCPを実行するのは社員。その社員が被災してしまっては、事業の継続・復旧どころではなくなる。社員の無事があってこそのBCPであり、何にも優先して社員の生命と安全を確保する仕組みを構築していきたい。