サービス業

株式会社コスモピア

COMPANY DATA

会社名: 株式会社コスモピア
本社所在地: 東京都千代田区平河町1-1-8 麹町市原ビル2階
設立: 1983年4月
資本金: 2,000万円
従業員数: 約100名(パート・アルバイト含む)
代表者: 代表取締役 田子 みどり(本名:小椋 みどり)
URL: http://www.cosmopia.jp/

事業概要

ICT関連のヘルプデスク運営、教育、マニュアル作成
科学技術関連展示施設等の企画運営
出版物、WEBコンテンツ等の企画・編集・取材執筆
アウトソーシング事業、一般労働者派遣事業(派13-040279)
有料職業紹介事業(13-ユ-040607)など

BCP策定のきっかけ(理由)

東京直下型地震ほか多数の災害が想定される中で、緊急時の会社の対応について、決めておく必要があると考えていたところ、中小企業振興公社のメールマガジンでBCP策定講座が実施されることを知り、着手することにした。

BCP対象事業と理由

対象事業:ICTソリューション事業
理  由:売上に対する割合が大きいため

想定する災害/被災状況

ICTソリューション事業に携わる主要なメンバーの出社不可

優先業務

・ICTソリューション業務(一時対応業務、エスカレーション業務、情報の周知業務、機器の貸出業務、メンテナンス業務、機器管理業務、商品管理業務)
・人材管理業務

主要な経営資源

・ICTソリューション業務に関わる人材
・人材管理システム

事業継続策

・代替人材による業務代行
・一部在宅による作業の実施

予防低減策/事前準備

・防災教育
・ジョブローテーションによる業務
・データのクラウド化

策定してみて、気付いたことや苦労したこと

災害時に社内に救護対象者が発生した場合を想定していなかった。AEDの設置場所の確認、近隣の医療機関の確認、救護のためのフローの確立などが必要。

今後の課題

・従業員の安否確認ができるシステムの確立と運用
・災害時に有効な充電ツールの用意など、備蓄品の見直し

感想

災害発生時を想定して改めて業務を見直すことにより、現場の人材への防災教育の必要性を感じた。また役割や権限についても見直す必要がある。