サービス業

株式会社パワープロジェクト

COMPANY DATA

会社名: 株式会社パワープロジェクト
本社所在地: 東京都千代田区内神田1-8-11 東京保井ビル6階
設立: 1996年4月
資本金: 2,500万円
従業員数: 28名
代表者: 代表取締役社長 藤枝 正徳
URL: https://powerpj.com/

事業概要

マーケティング活動における販売促進の調査計画実施、宣伝広告活動、SP及びPR活動の企画・制作・実施運営

BCP策定のきっかけ(理由)

来場されるお客様の安全確保/スタッフ・社員の安全確保/緊急時における中核事業の維持、早期復旧を実現するため。

BCP対象事業と理由

対象事業:イベント制作・企画・運営
理  由:上記策定理由による

想定する災害/被災状況

首都直下型地震(東京湾北部地震/多摩直下地震/元禄型関東地震/立川断層帯地震)/南海トラフ地震等による被害(首都直下型も同程度の想定)/過去最大の台風である、室戸台風並みの台風の直撃

優先業務

イベントキャスティング業務

主要な経営資源

人員・社屋・PC・プリンター・現場備品

事業継続策

経営資源分析シートの代替策/復旧策参照

予防低減策/事前準備

経営資源分析シートの必要な事前準備参照

策定してみて、気付いたことや苦労したこと

今までも台風などの天災時には、社員や現場スタッフへの指示出しは行っており、ある程度の天災までは対応できるかもしれない、という安易な気持ちもあったが、各種分析をしてみると、まだまだ最低限やるべきことが明確になり、今後の行動指針を作ることができた。

今後の課題

情報・通信が非常に大事になる。現在システム開発中であるが、現在の社内ファイルサーバーおよびメールを軸としたやり取り、コミュニケーションから脱却し、データのクラウド化や、メール以外のコミュニケーションを確立することが急務である。

感想

歴史を振り返ってみても、大型地震は必ず起きるものであると考えられる。それがいつなんどき起こるかもしれない。多くのスタッフが関東各所の現場で働いており、安全に自宅に帰すことが、一番重要な仕事でもある。
安全を第一に、今後も様々なにシチュエーションを考え、いろいろな事態に対応できるBCPとなるよう、ブラッシュアップしていきたい。