製造業

株式会社小野部製函所

COMPANY DATA

会社名: 株式会社小野部製函所
本社所在地: 東京都千代田区神紺屋町45番地
設立: 1948年
資本金: 8,100万円
従業員数: 54名
代表者: 山本 敦子
URL: http://www.onobe.co.jp/

事業概要

医薬品等の包装紙器製造業

BCP策定のきっかけ(理由)

災害時にも供給責任を果たすことで顧客の信頼を得ることが重要と考えた。
また、従業員の安全確保の施策も整えたい。

BCP対象事業と理由

医薬品等の包装紙器製造業
当社の主要事業であるため

想定災害

地震
特に首都圏直下型地震

優先業務

医薬品等の包装紙器製造

主要な経営資源

社員、建屋(千代田区本社、埼玉県新座市工場)、工場設備(印刷機、打抜き機、貼り機、ロンド製造機)、全社設備(情報機器)、顧客、取引先、協力企業

事業継続策

人員の安全、建屋、設備の被害防止を図り、稼働不可の工程ができた場合は同業の協力会社に依頼することで顧客への供給責任を果たす。

予防低減策/事前準備

建屋、設備の防災対策、データサーバーを始め弱点の情報関係を強化、協力企業との連携確保、緊急車両の登録

策定してみて、気づいたことや苦労ポイント

やるべきことが思ったより多かった。最悪の場合を想定し同業にも協力を頼むなど思い切った対策が必要と気が付いた。

今後の課題

代替が困難なロンド製造機の稼働を守ること(設備メーカーに協力依頼)
脆弱なデータサーバー等の情報系の設備の強化(バックアップの強化)
防災備品、備蓄品の準備および帰宅困難者への対応
飛散防止、机の固定等の防災対策の確実な実施

全般についての感想

よく整理されたプログラムで、準備された資料も書きやすく、短期間に成果を挙げることができた。コンサルタント会社の対応には満足しております。