サービス業

株式会社日税サービス

COMPANY DATA

会社名: 株式会社日税サービス
本社所在地: 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー29階
設立: 1972年3月
資本金: 5,000万円
従業員数: 87名(子会社・関連会社を含む)
代表者: 髙橋 洋三
URL: http://www.nichizei-net.com/

事業概要

保険代理業、各種斡旋業務

日税サービス(NS)

BCP策定のきっかけ(理由)

災害等の危機事象発生時に、従業員や関係者の安全を確保するとともに、重要業務の継続・早期復旧により税理士からの信頼に応えられる体制を構築する為。

BCP対象事業と理由

・従業員とその家族、取引先等関係者の生命・身体の安全確保
・重要事業の維持・早期復旧
・会社の信用維持

想定災害

首都直下型地震(マグニチュード7クラス)

優先業務

保険代理業

主要な経営資源

人員(営業職員・業務職員)、本社・システム

事業継続策

・担当者と連絡がつかない場合の問合せの代行体制構築
・他部門、他部署からの応援による必要人員数の充足
・本社が使用不能の場合、被災していない子会社の建物・設備を利用

予防低減策/事前準備

・本社が使用不能の場合、被災していない子会社の建物・設備を利用
・従業員の防災訓練への積極的参加等
・PC不具合時の代替手段の検討(重要データについて紙ベースで出力・保管)
・従業員の連絡先共有(固定電話・自宅PCアドレス・携帯電話・携帯アドレス)
・緊急連絡網の定期的なアップデート
・有事の際の保険会社との連携について事前協議

策定してみて、気づいたことや苦労ポイント

BCPは従来の防災計画と異なり、重要業務について目標復旧時間を設定し、その為に何をいつまでにしなければならないかという時間の概念が極めて重要であることがわかった。

今後の課題

策定したBCPを演習により組織内の末端まで浸透させるとともに、定期的に演習結果を踏まえてBCPの見直しを図ることで形骸化を防ぎ実効性を高めていくこと。

全般についての感想

会社としてBCPを策定する方針が立ったものの、具体的にどのように進めよいか分からず停滞していたなか、本支援事業を見つけて申込みさせていただきました。3ヶ月間という短い期間でBCP文書の策定や演習などを一通り完成させることができ、とても満足しています。
コンサルティングの際、ベストな作業割合は『文書作成:演習:維持・継続=2:4:4』と伺いました。BCP文書を作成したことがゴールではなく、演習を繰り返し、定期的に見直して継続させていくことが重要であると認識し、これからBCPをより良いものに改善していきたいと思います。